ソフト面での点検も消防設備点検と同時に東京都内にある建物で行っています

お見積りはこちら お問い合わせはこちら

東京の消防設備点検・株式会社すまいるワークスの口コミ情報

消防設備点検を東京都で行い皆様の命と財産を守ります

東京の消防設備点検・株式会社すまいるワークスの口コミ情報

ビルやマンション・アパートといった所有者や賃借人など、建物に関わる方には消防用設備点検を中心に消防署長等への様々な点検報告を行わなければなりません。
これらの点検には専門性の高い知識と技術が必要になるため、消防設備士又は消防設備点検資格者を持つ有資格者による点検が必須となります。お客様に代わり有資格者が東京都内を中心とした周辺エリアでの点検業務を行っていますので、防災・防火のことでお困りのことがございましたらなんでもご相談いただきますようお願いします。


火災から生命や財産を守る消防設備点検を東京都にて実施

お客様よりご依頼いただきました建築物から万が一火災が発生した際、そこにいる方々の生命および建物内にある様々な財産を守るため、マンションやアパート、ビルやテナント・工場やオフィス・商業施設といった各建物には、消火器・スプリンクラー設備・自動火災報知設備・誘導灯などの各種消防用設備があらゆるところに設置されています。
これらの消防用設備はただついていればいいというものではなく実際に火災が発生した際、滞りなく確実に機能が動作しなければなりません。そしてそんな万が一の際に備え常日頃から定期的に維持管理を行うことが必要となり、義務付けられています。実際に機器類を作動させてみて正常に動くかどうかを調べる「総合点検」を1年に1回、機器類や設備が適正な状態に配置されているか・簡単な操作を行うことで判別できる事項の確認を行う「機器点検」を6ヶ月に1回実施し、消防署長等へ点検結果の報告を行います。

防火対象物定期点検を消防設備点検と共に東京都にて行います

2002年の法改正に伴いビル・マンションの所有者は、総務大臣所轄の登録免除を受けた有資格者(防火対象物点検資格者)によって、年に1回建物の防火管理業務が正常に行われているかどうかを入念に点検し報告することが義務付けられました。これを防火対象物定期点検と言い、消防用設備等点検が防火対象物などハード面での点検であるのに対し防火対象物点検はソフト面を主体にした点検になります。
具体的には避難口や防火戸等の管理がされ、支障となる物が置かれてないかといった避難誘導に関することや、消火活動に支障のあるガス等が適切に保管され届出がきちんとされているか、応急措置・救援救護などの防火管理体制がきちんとできているかどうかの点検となります。ビルやマンションといった建物に万が一の火災が起きた際に、適切な避難ができるような環境にあるかどうかということは非常に重要ですので、怠らないようにしましょう。

防災管理定期点検を消防設備点検と併せ東京都内にて実施

防災管理定期点検は消防設備点検と異なり建物の防災管理業務が正常に行われているかどうかの定期点検報告になります。地震等の自然災害が非常に多い日本においてはその対策について各事業所の自主的な取り組みに委ねられており、決まりが統一されていませんでしたが、平成19年6月の消防法改正により自衛消防組織が設置されることとなり、防災管理制度が創設され明確な規則ができました。
防災管理が必要となる建物は不特定多数の人が出入りする部分が地階または3階以上の階に存在するもの・階段が一つのものや、特定防火対象物にあたり収容人員が300人以上のものになります。防火対象物定期点検は火災についてですが防災管理定期点検は地震や毒性物質事故などの災害に対しての点検になります。対象となる建物は年に1回消防署長等へ点検結果の報告が義務づけられていますので、時期がまいりましたら東京都内にて有資格者による点検を実施いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。