消防機器や防災用品などの販売を東京都内で行い消防設備点検の際の不足分をサポート

お見積りはこちら お問い合わせはこちら

東京の消防設備点検・株式会社すまいるワークスの評判

消防設備点検に必要な業務を東京都内にてサポートします

東京の消防設備点検・株式会社すまいるワークスの評判

法律に定められた一定以上の人員を収容することのできる施設では、消防設備点検以外にも防火管理者を選任しなければならず、防火管理者になるためには防火管理業務を行うための管理権原者より任命を受けなければなりません。
防火・防災管理者、統括防火管理者の選任を行っているだけでなく、消防訓練のサポートや消防機器・防災用品の販売といった面でのお手伝いも行っています。防火・防災のプロの目線で適切なアドバイスをしていますので、東京都にて建物の火や災害に関わることの相談をなんでも承ります。


防火管理業務サポートを東京都で行い消防設備点検を強化

一定の人数以上の人員を収容する建物や事務所・店舗では、その建物の所有者や賃借人が資格を有する者を通して防火管理者を選任する必要があり、防火管理者の選任届を管轄の消防署に提出する必要があります。きちんとした防火管理は建物を維持していくため、そして建物を利用するユーザーの生命を守るためにも大変重要な事項です。
防火管理者は日常の火気管理や消防設備の維持・消火訓練や避難訓練を実施する役割があるため、選定を受けるためには防火管理に関する講習を受講し、効果測定に合格しなければなりません。防講習は座学のほかに消火設備や避難設備を実際に使用・操作し、体験することも含まれているので、いざという際に適切な行動を取ることができます。有資格者による防火・防災管理者・統括防火管理者の選任から消防計画の作成・消防訓練・消防署対応など、防火管理に必要な業務のサポートを行っています。

消防設備点検と併せ消防訓練サポートを東京都内で実施します

平成20年の10月、大阪市浪速区にある個室ビデオ店で火災が発生し、多くの犠牲者が出たことは記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。この火災が発生した際、従業員による避難誘導や消火活動などの初期対応が適切に行われていれば、犠牲者はもっと減らすことができたのではないかと言われています。これをきっかけに消防法が大きく改定され、一定の人員を収容できる建物においては様々な点検業務が課されることとなりました。
また定期点検・報告の義務と併せてそこに勤務している従業員が迅速かつ的確に初動措置を行えるように、初期消火・通報・避難誘導などの消防訓練を繰り返し行うことが課題となっています。もしもの災害時に備えて、日頃からその建物を利用している人々がきちんとした初動を取れるよう訓練をしておくにはとても大切なことです。建物の規模や用途・構造・収容人員・消防設備など実際の災害状況に応じた訓練をサポートします。

消防機器・防災用品の販売を東京で行い消防設備点検を補助

消防・防災のプロフェッショナルとして専門の知識を持つスタッフによる確かな目で、消防設備点検の際に必要な消火器や防災用品・備蓄品などを選別し東京都内を中心に販売しています。オフィス・店舗・工場・ビル・マンション用から家庭用まで取り揃えていますので、ご購入を検討されている際はぜひご相談いただきますようお願いします。安全性と使いやすさを考慮した商品ですので、いざというときに建物を利用する人々、そしてそこで働く従業員の方々の命や財産を守ります。
各種消火器や防災用品などは万が一の火災・事前災害時に十分な機能性を発揮するため、日常的に点検・整備を行うことが大切です。火災は人の手により徹底的にチェックを行うことで防ぐことができるかもしれませんが、大地震や津波・台風や大雨といった自然災害はいつ・どのタイミングで起こるかわかりません。しっかりと準備を整え、日頃から防災への意識を高めましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。